サターンSC2

休みの日ごとに洗車して、いつもピカピカにしている我が愛車。

「サターンSC2」

車名だけ聞いてもご存じの方は少ないでしょうね。 

この車はアメリカ、GM車の生産。

全世界向けの戦略車として、日本でも華々しくデビューしました。

デビュー当時はテレビCMも頻繁に流れていましたね。

カーペンターズの曲に乗って「礼をつくす会社」のキャッチフレーズが新鮮でした。

でも、そのサターン、日本ではさっぱり売れず、すぐにディーラー毎撤廃。

あれよあれよという間に、マイナー車となりました。



そのマイナー車の中でも、

私のSC2は、2001年製の後期型。しかも色は鮮やかな黄色!

超々マイナ-車です。

電動サンルーフに、純正革シートと一応の高級車仕様。

もちろんエアコンにオーディオなど普通に付いています。

さすがに、この時代、カーナビは無かったですけどね。

定価は220万円ですが、

私が買ったのは既に人気が落ちた7年落ちの中古でしたので50万円。

その時の走行距離は15000kmでした。



車検後に納車され、大切に乗った2年間。

距離は25000kmになっていました。

9年落ちとなって、次の車検です。



買ったディーラーは遠方の為、近所のガソリンスタンドで整備工場を備えている所に車検に出しました。

いつ戻ってくるかと楽しみにしていたら、急に電話が。

「ブレーキに関係のパーツが手に入らないので、車検に出せません」とのこと。

ディーラーが撤退しているので部品の供給がなく、外車なので汎用品も合わないそうだ。

泣く泣く次の車を探す羽目に。



そのガソリンスタンドでは車の販売はしていない為、提携のガリバーを紹介してくれました。

ところが、車を買ってくれれば、下取りはするけど金額はゼロ円とのこと。

まあ、古いし、マイナー車だし、部品ないし、仕方がないと諦めていたのですが、

一応、他の車屋さんもあたってみようと、数件、当たってみました。



やはり、「0円でしか引き取れない、手数料が欲しいくらいだ」とのショップの声。

そんな中、マイナーな外車を中心に扱っている中古車屋があり、

そこでは、「車を購入していただければ、下取り金額は10万円」との見積もりが!

0円と10万円の差がどこからくるのかは分かりませんが、

やはりこの差は魅力的ですよね。

この店から購入することに決めました。



マイナーで、旧式で、車検に通らないような車でも、

お店によっては買い取りが可能。

もし、1件目で断られても諦めないで、何軒か当たってみて良かったと思います!



40代 会社員




順位商品名
概要
1カーセンサー.net
中古車検索や中古車販売などの中古車情報なら「カーセンサーnet」!リクルートが運営する中古車情報のサイトです。全国の中古車が様々な条件で検索可能です。人気の中古車ランキングや中古自動車の相場表も完備!
2ズバット車買取比較
車買取の[最大10社]無料一括査定で、一番高く買い取ってくれる業者を手間なく探すことができます。参加買取業者は150社以上!プロのアドバイスが満載の車買取専門サイト【ズバット 車買取】
3かんたん車査定ガイド
中古車の買取査定サイトの決定版!!今すぐネットで愛車の買取価格をチェック「かんたん車査定ガイド」。簡単な車情報の入力だけで、最大10社に一括で見積もり!!ボタン一つであなたの中古車の最高額が分かります

<<前のページへ   次のページへ>>